痛くない脱毛方法とは?3種類の脱毛方法を徹底解説します

痛くない脱毛方法とは?1番痛くない脱毛方法を教えます!

痛くない脱毛方法とは?3種類の脱毛方法を徹底解説します

脱毛を考えた時に、やはり1番心配な事は痛みですよね。
今回は、痛くない脱毛方法について徹底的に解説していきます。

まず、脱毛には種類がある事をご存知でしょうか?
脱毛サロンは沢山ありますが、実はサロンによって脱毛方法には違いがあるのです。
分類としては、主に三つあり医療脱毛とニードル脱毛と光脱毛に分けられます。

医療脱毛

まず、医療脱毛と言うものは、レーザーを直接照射する脱毛法になり、レーザーが黒色に反応する特徴を生かしてムダ毛を脱毛していく方法になります。
黒色とは、メラニンの事で、メラニンに当たったレーザーが、レーザー熱により毛を破滅し、その熱によって毛根の周りの細胞を意図的に傷つけることで、ムダ毛を抑制しようとするのです。
レーザーは一度に何本もの毛を処理することが出来るため、エステサロンよりは短期間できれいになれます。
しかし、実はこの医療脱毛は、大きなエネルギーを使って毛根を傷つけるために、人によっては痛みが強いと感じてしまいます。
特にエステ脱毛を体験してから、医療脱毛に変えた方は痛みにびっくりする人もいるほどです。

ニードル脱毛

次に、ニードル脱毛ですが、ニードル脱毛とは、すごい細い針を毛穴の一個一個に差し込んで、差し込んだ針に弱い電気か、高周波を流すことによって毛根部を破滅する方法になります。毛根一個一個と聞くと、かなり効果的だと感じますが、針を刺すと聞くと、痛みが心配になりますね。実はこれも痛みが伴ってしまいます。しかし、サロンによっては、塗る麻酔をしてくれたり、しっかりと冷やしてから行うので、大概の方が大丈夫だと言います。
しかし、一個一個の毛穴に針を刺していくので時間はある程度かかってしまいます。
ニードル脱毛で使用される針もどんなものか心配になりますよね。ニードル脱毛の針は、金属アレルギーを防ぐため、チタンやゴールドで加工された物を使ってやります。

光脱毛

最後に光脱毛です。結論から申しますと、この中で光脱毛が1番痛くない脱毛方法と言えます。

光脱毛とは、別名フラッシュ脱毛とも呼ばれていますが、これは、黒色に反応する光で毛根にダメージを与えてムダ毛を細くしていく方法になります。
先程話した医療脱毛のレーザーによるムダ毛処理法と似ていますが、レーザーよりも波長が長くなっており、多様な毛質、毛根の深さに反応してくれます。
施術中の光がものすごくピカっと光ますので、目を守るため保護用サングラスをするサロンがほとんどです。
肌に熱感が伝わるので、冷却してから行うのが一般的です。
専用ジェルを塗り脱毛ライトを照射していきます。サロンによっては、ジェルそのものを冷やしておいてくれるので、冷却が必要ない場合もあります。
医療脱毛やニードル脱毛よりダントツで痛みが少ないと言われていて、痛みが少ないので、全身脱毛も気軽にできてしまうという意見も聞きます。
では、なぜ光脱毛が痛みが少ないのかと言いますと、光脱毛は、光のパワーの出力が低く設定されていて照射範囲もニードル脱毛のように、一点ではなくわずかに散布する状態になっていて、光が逃げる仕組みです。なので痛みを感じる場所に集中して熱を与えないので、光脱毛によるヤケドや色素沈着などの心配はもちろんないですし、痛みも個人差はありますが、最小限に抑えられます。
なおかつ施術前に冷却する事により、肌の感覚が麻痺して痛みをより分かりにくい状況にしてくれます。
施術後も冷やしてくれるサロンもあり、そうすればより痛くないです。

痛くない脱毛方法について徹底的に解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。
今から脱毛をしようと考えている方にもどの方法の脱毛がどんな理由で痛みに差があるのかがわかっていただけたなら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です