シースリーの契約解除についてまとめました。

シースリーの契約解除についてまとめました。

シースリーで契約する際、キャンセルのことまで考えないと言う人は多いです。
しかし後で帰宅し、良く考えてみたらやっぱり必要無かったと後悔する人が少ないながらも見られます。

商品の場合はクーリングオフと言う制度で解約することが可能です。
このクーリングオフにはいったん契約した後であっても無条件で解約できると言う特徴があります。
クーリングオフは消費者を保護するために設けられましたが、サロンの契約もクーリングオフの適用が受けられるのです。
ただしクーリングオフには契約書を貰った日から8日間と言う制限があります。
ゆっくりし過ぎて8日間過ぎるとクーリングオフの適用が受けられなくなります。
シースリーの説明書にクーリングオフに関する記載がありますので、良く読んでおいて下さい。

クーリングオフの8日間と言う期間を過ぎた後は中途解約となります。
中度解約しても返金は受けられますが、シースリー所定の違約金が発生します。
シースリーの場合は未消化分の残高10%、ただし2万円以内となっています。
例えば6万円の返金が受けられる場合は違約金6千円が発生し、手元に残るのは5万4千円と言うことです。
2万円以内の条件が付いてくるため、殆ど戻ってくるようなイメージがありました。
しかし1回当たりの料金が高額になることがあるのです。
精算金は支払総額-(1回当たりの料金×利用回数)-違約金と言う計算式で求めることが可能です。
全身コースの場合だとこの1回当たりの料金が高額となり、1回消化しただけでもあまり戻ってこないことがあります。
1回も施術を受けていない場合なら2万円の違約金を支払して解約しても、戻ってくる金額は多いです。
しかし1回でも施術を受けたと言う場合には注意が必要です。
1回当たりの料金は料金表にて記載されています。
事前に確認してから契約して下さい。
中途解約となると損のため、なるべくクーリングオフ期間中に解約したいところです。
少しくらいの問題ならそのまま続けたほうが良いでしょう。
どうしても我慢できないと言うときは思い切って契約解除して下さい。

返金は振込で行われると言った関係上、振込用の口座が必要です。
クーリングオフも中途解約もシースリーのコールセンターに電話をかけて下さい。
コールセンターの受付時間は12時から20時まで、毎週水曜日はお休みとなっています。
専用フォームよりお問い合わせすることも可能です。
解約手続き後、およそ2週間から1か月くらいで返金されることが多いです。
説明書に記載があってもシステムが分かり難いため、幾ら返金されるのか分かり難いことがあります。
良く分からなかったと言う方は契約する前に質問してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です