ブラジリアンワックスで脱毛するメリットとデメリット。

ブラジリアンワックスで脱毛するメリットとデメリット。

ブラジリアンワックスはワックス剤とシートを使用し、むだ毛を一気に引き剥がすと言う脱毛方法です。
この脱毛方法には様々なメリットがあります。

むだ毛にはカミソリで剃ると言う自己処理方法があります。
しかしむだ毛と一緒に皮膚も削り取ってしまうことがありました。
誤って傷を付けてしまうことも多いです。
そんなときでもブラジリアンワックスなら皮膚を削り取ることも傷を付けてしまうことも殆どありません。
カミソリで剃っても黒い点々が残ることがありました。
しかしブラジリアンワックスなら毛根から引き剥がせるため、ツルツルスベスベの仕上がりが期待できます。

自己処理にはピンセットなどで引き抜くと言う方法もあります。
しかし1本1本むだ毛を引き抜くのでは時間が掛かり過ぎてしまいます。
ブラジリアンワックスなら足のすねなど本数が多くなる部位でも、まとめて引き剥がすことが可能です。
そのため手っ取り早く脱毛したいと言うときにも便利です。

脱毛サロンで施術を受けると言う方法もあります。
しかし一度で全て終了すると言う施術ではないため、通うことが必要でした。
ブラジリアンワックスもエステで受けられるものの、最近では通販でもワックス剤が販売されています。
そのためエステに通わなくても自宅で脱毛できるようになりました。
スターターキットがあり、届いたその日のうちから始めることが可能です。

化学薬品を使用するワックス剤では皮膚への刺激が心配になることがありました。
ワックス剤は海外製のものが大半ですが、添加物が含まれているものが見られます。
しかし100%天然素材、無添加で作られたワックス剤もあり、選び方次第では安心して使用することが可能です。
ワックス剤には水性と油性があり、油性は扱い方が難しいため最初は水性を使用したほうが良いでしょう。

しかしブラジリアンワックスにもデメリットがあります。
一つは引き剥がすときに強い痛みが発生すると言う点です。
躊躇すると余計痛みが強くなるため、覚悟を決めて一気に引き剥がしたほうが良いです。

二つは毛根から引き抜くため、毛穴の中に細菌が入り込み炎症を起こすリスクが高まると言う点です。
デリケートなハイジニーナは特に炎症が起こり易いために注意が必要です。

三つは痛い思いをして引き剥がしても、またむだ毛が生えてくると言う点です。
脱毛サロンの施術と違い、むだ毛が薄くなると言う効果は期待できません。
ツルツルスベスベの仕上がりを維持できるのは2週間から3週間と言われています。
あまり頻繁に行うと肌荒れし易いため、イベントに合わせて行うと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です